牡蠣嫌いだった僕が広島で本場の焼き牡蠣を食べて牡蠣嫌いを克服した話

牡蠣嫌いだった僕が広島で本場の焼き牡蠣を食べて牡蠣嫌いを克服した話ご当地グルメ

僕は子供の頃から牡蠣が嫌いでした。

あの独特な風味というか、磯臭い感じがどうにも苦手でした。

(見た目も何となく気持ち悪いし…)

なので、たまに家でカキフライが出たときもあまり手を付けず、といった感じでした。

だったのですが、今僕は牡蠣が大好きになりました。

そのように変わったのは、旅行で広島の宮島を訪れたときに、試しに焼き牡蠣を食べてみたことがきっかけでした。

旅行予約

ホテル・航空券・高速バスの予約なら
【日本最大級の旅行サイト】楽天トラベル

レンタカーの予約なら
格安レンタカー予約 スカイチケットレンタカー

海外・国内格安航空券の予約なら
ena(イーナ)

新幹線とホテルのお得なセットなら
セットでお得!日本旅行の「新幹線+宿泊」セットプラン

スポンサーリンク

宮島にて

大学2年生の時、僕は青春18きっぷを使いながらじゅんぐりと一人旅を楽しんでいました。

色々な都市をめぐるうち、広島にたどり着きました。

広島では原爆ドームを見に行ったり、お好み焼きを食べたりして楽しみました。

一通り広島市内を散策して、次は宮島に行くことにしました。

宮島口駅から宮島へ渡るフェリーに乗り込みました。

綺麗な瀬戸内海と徐々に近づく宮島と、船内からも見える厳島神社の姿に気分が高揚しました。

世界遺産である厳島神社は本当に美しく、まさに圧巻の一言でした。

写真でしか見たことがなかったあの有名な鳥居を自らの目で見たときは感動を覚えました。

そしてシカがめちゃくちゃ可愛かったです。

そうして一通り宮島を散策し終えて再びフェリーに乗り込む前に、土産物屋などを見回っていました。

その中に、出来たての焼き牡蠣を販売しているお店を見つけました。

僕は牡蠣が苦手でした。

でも広島は牡蠣の本場だし、そこら辺のスーパーに売ってるカキフライとかとは違うかもしれない。

せっかく牡蠣の本場に来たんだから、ちょっと試しに食べてみるのも悪くないんじゃないか。

そう思って、僕は焼き牡蠣を注文しました。

実食

恐る恐る口にしてみると…

…あれ、思ったよりいけるぞ。

というかむしろ、美味しい…?

苦手に感じていた磯臭さは、強すぎずにむしろ丁度いい風味のように感じられました。

人生で初めて牡蠣を美味しいと思った瞬間でした。

その後

それ以来、僕は牡蠣嫌いを克服することができました。

定食屋でわざわざカキフライ定食を頼んだりしますし、生牡蠣も焼き牡蠣もいけます。

大して高いわけじゃないスーパーのカキフライだって美味しいと感じています。

苦手な食べ物が一つなくなるだけで、人生は豊かになりました。

というわけで牡蠣嫌いのみなさん、一度いい牡蠣を食べてみてください。

牡蠣嫌いを克服できるかもしれませんよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました