初手からカマす「アルバムの1曲目」5選(女性邦ロック編)

初手からカマす「アルバムの1曲目」5選(女性邦ロック編)おすすめ音楽紹介

「男性邦ロック編」はこちら

この記事は、最初からテンションをブチ上げてくるようなタイプの「アルバムの1曲目」を紹介するシリーズです。

今回は「女性邦ロック」に絞って、5曲紹介します。

ちなみに、シングルになっている曲は省いています。

注意:この記事は筆者の独断と偏見で構成されています。
   異論は大いに認めます。

スポンサーリンク

SCANDAL「プラットホームシンドローム」

最初はこの曲、SCANDALの「プラットホームシンドローム」です。

アルバム「HONEY」に収録されています。

今までのSCANDALの中でありそうで実はあまりなかった、非常にテンポの早い攻撃的なサウンドが印象的な曲です。

どちらかと言えばSCANDALは、ややテンポが遅めのドッシリしたロックナンバーが多いイメージですが、この曲に関しては突き抜けるくらいのハイテンポで最後まで駆け抜けていきます。

その割に歌詞はそこそこ重い失恋の内容っていう…。

ここ最近のSCANDALはサウンドの幅が広がってきて、攻撃性もより増した楽曲が増えてきて、シンプルにカッコいいバンドになっている気がします。

デビュー当初は制服を着た女子高生バンドだったことも遠い昔って感じです。

SILENT SIREN「チェリボム」

続いてはこの曲、SILENT SIRENの「チェリボム」です。

アルバム「S」に収録されています。

この曲は今ではサイサイの代表曲の一つのような扱いですが、実はシングル化されていない楽曲です。

曲調といい歌詞といい「これぞサイサイ」と言えるような曲です。

ハイテンポな4つ打ちにゴリゴリのバンドサウンドときらびやかなキーボードが重なり、このバンドの世界観が猛烈に出ています。

そして、妄想を掻き立てられるような歌詞にも注目です。

ある意味サイサイの真骨頂ともいえる曲かと思います。

赤い公園「NOW ON AIR」

続いてはこの曲、赤い公園の「NOW ON AIR」です。

アルバム「猛烈リトミック」に収録されています。

この曲は赤い公園の代表曲、どころか代名詞と言ってもいいくらいの曲ですが、意外なことにシングル化はされていない曲です。

「そこまで声出るか」ってくらいの高音域なボーカルも、聴きどころの一つです。

とにかくこのバンドの楽曲の幅は広く、この「NOW ON AIR」のようなポップス風味なロックナンバーもあれば、例えば「のぞき穴」のようなひねくれた曲もあったりといった感じです。

一つの曲を取り上げて「このバンドはこういう曲をやっている」とはとてもじゃないけど説明がつけられないので、もし気になったら色んな曲を聴いてみて下さい。

現在はこの音源の時とボーカルが変わっていますが、現ボーカルもまた違う意味で魅力的ですので、今後が楽しみなバンドの一つです。

ねごと「サイダーの海」

続いてはこの曲、ねごとの「サイダーの海」です。

アルバム「ex Negoto」に収録されています。

このバンドはもう解散してしまいましたが、個人的にこの曲はガールズバンド屈指の「アルバム1曲目」だと思っているので、紹介させて下さい。

まず印象的なのが、ピアノとバンドサウンドが重なるイントロでしょう。

アルバム1曲目らしく、一気にテンションを高揚させてくれます。

全体を通してとても爽やかで、聴きやすい仕上がりになっています。

また、楽器隊のテクニックやまとまりなどのレベルの高さを感じられ、聴いていて色々な意味で気持ちのいい楽曲です。

つくづく解散が惜しまれるバンドです。

チャットモンチー「親知らず」

最後はこの曲、チャットモンチーの「親知らず」です。

アルバム「生命力」に収録されています。

このバンドも既に解散していますが、アラサーの邦ロック好きとしてチャットモンチーはどうしても外せないんです…。

これまでのチャットモンチーの楽曲は明るく楽しげな曲が多かった中で、ややダークな雰囲気を感じられる曲です。

チャットモンチーの新たな一面を垣間見たような曲で、これがまたカッコいい…。

ただ歌詞はそれに反して、故郷の家族を想う暖かい内容です。

だからなのか、この曲を聴いて当時高校生だった僕は「カッコいい曲」くらいにしか思っていなかったのが、アラサーの今になって聴くと歌詞の内容が刺さること刺さること。

僕と同世代の方、共感してもらえたら嬉しいです(笑)。

まとめ

今回は女性邦ロックバンドの「アルバム1曲目」を紹介しました。

またしても自分の好みと世代が出過ぎた内容になってしまいましたが、大目に見ていただけると幸いです。

そして、今回紹介した曲を知らなかったって人が、曲を気に入ってくれたらもっと嬉しいです。

「男性邦ロック編」についても記事を書いてますので、よろしければそちらもご覧ください。

以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました