初手からカマす「アルバムの1曲目」5選(男性邦ロック編)

初手からカマす「アルバムの1曲目」5選(男性邦ロック編)おすすめ音楽紹介

「女性邦ロック編」はこちら

アルバムの1曲目というのは、そのアルバムの印象、あるいはコンセプトを左右する重要なものです。

なので、どのアーティストもここに気合いの入った曲を持ってきます。
(他の曲が手を抜いているとは一言も言ってません。)

そこで、最初からテンションをブチ上げてくるようなタイプの「アルバムの1曲目」を5つ紹介しようと思います。

今回は「男性邦ロック」に絞って紹介します。

ちなみに、シングルになっている曲は省いています。

注意:この記事は筆者の独断と偏見で構成されています。
   異論は大いに認めます。

スポンサーリンク

Mrs.GREEN APPLE「StaRt」

それではスタートということで、「StaRt」です。

Mrs.GREEN APPLEの楽曲で、アルバム「Variety」に収録されています。

このアルバムが彼らのメジャーデビュー作品になります。

いきなり高音のシャウトをかましてくるあたり、この頃から健在だなって思わせます。

しかもこの曲、サビのメロディがものの見事に「ドレミファソラシド」の音階になっています。
(こんなの思いついても普通はやらないって…)

そしてドレミファソラシドでもこんなにカッコいいって何事よ…。

とにかく、アルバムの「スタート」「幕開け」にふさわしい曲です。

MAN WITH A MISSION「Mash UP the DJ!」

続いてはこの曲、MAN WITH A MISSIONの「Mash UP the DJ!」です。

アルバム「MASH UP THE WORLD」に収録されています。

いわゆるミクスチャーロックって言うんでしょうか(詳しいことはよく分かりませんが)。

ロックなサウンドの中にDJのスクラッチ音が重なる、ある意味彼らのスタンダードスタイルとも言える曲です。

これがまぁカッコいいんだわ…。

小難しいことは分かりませんが、そんなの抜きにして「カッコよければそれでいいじゃないか」と思わせてくれます。

UVERworld「Roots」

続いてはこの曲、UVERworldの「Roots」です。

アルバム「PROGLUTION」に収録されています。

いきなり突き抜けるような高音のボーカルからこの曲は始まります。

全体を通した曲の展開から歌詞の内容まで、いかにもUVER節全開という感じの曲です。

このアルバムのコンセプトを表す曲でもあり、まさにアルバム1曲目というポジションに付くべき曲でしょう。

10-FEET「JUNGLES」

続いてはこの曲、10-FEETの「JUNGLES」です。

アルバム「thread」に収録されています。

とにかく、「カマしてんなぁ」って感じの曲です。

持っている武器を惜しみなく全力で振り回しているような、そんな印象です。

楽器のテクニックだったり、音楽理論だったり、小難しいことは僕には分かりません。

でもこの曲が「カッコいい」ってことだけは、直感的・本能的に感じます。

ASIAN KUNG-FU GENERATION「振動覚」

最後はこの曲、ASIAN KUNG-FU GENERATIONの「振動覚」です。

アルバム「ソルファ」に収録されています。

ここまで読んでくれた皆さんは薄々感じているかも知れませんが、思いっきり世代が出てますよね(笑)。
(GENERATIONだけに)

僕を邦ロックの世界に引きずり込んだバンドの一つがアジカンです。

おそらく三十路の邦ロック好きにとっては、この辺りが入り口って人も多いんじゃないでしょうか。

半ば思い出補正も入っている気がしますが、それでも僕にとっては外せない「アルバム1曲目」の曲です。

まとめ

今回は男性邦ロックバンドの「アルバム1曲目」を紹介しました。

いやー…

全然書き足りない!

まだまだ紹介したい曲はいっぱいあります。

「男性邦ロック編」についても記事を書いてますので、よろしければそちらもご覧ください。

さて、あまりにも自分の好みと世代が出過ぎた内容になってしまいましたが、どうか大目に見てください。

共感してくれる人がいたら嬉しいです。

そして、今回紹介した曲を知らなかったって人が、曲を気に入ってくれたらもっと嬉しいです。

以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました